• ホーム
  • 早漏の反対である遅漏の症状と改善方法

早漏の反対である遅漏の症状と改善方法

男性の性的な悩みでとても多いのが早漏ではないでしょうか。
早漏というのは過度に興奮して射精感がすぐに訪れるため、少し膣内に挿入して動くだけで射精してしまう現象を指します。
愛撫でお互い興奮してこれからもっと快感を得られるという時に男性側がすぐに射精し、それ以降セックスできないと彼女からすれば不完全燃焼になります。

一方で早漏とは全く逆の遅漏という現象に悩む男性もいます。
すぐに射精しないのだから彼女からすれば喜ばしいことだろうと思いがちですが、実はこちらのほうが問題は深刻です。

早漏の場合は早いとはいえ射精することが出来ます。
それに一回目で彼女が満足しなかったとしても回数をこなすことが出来れば刺激に対して耐性がついていくので、彼女を満足させることもできるでしょう。
また、早漏の男性を見ると自分で感じてくれているのを実感できるので、嬉しいと感じている女性も案外多いです。

遅漏の主な症状としては挿入時に感度が得られないことが挙げられます。
挿入時に気持ち良くならないため、いつまでたっても射精することが出来ません。
彼女からすると遅漏の彼氏とセックスするのは毎回とても疲れますし、場合によっては男性側も疲れて途中で勃起力が減退することもあります。

実際に女性に本音を聞いてみると、早漏よりも遅漏の男性のほうが嫌だという意見の方が多いほどです。
スキンシップだけのセックスならばこの程度で済みますが、子供を作る場合は更に深刻です。

何しろ射精できないのですから、受精させるきっかけを作る事すらできません。
遅漏は男性側よりも女性の方が精神的ダメージが大きかったりします。
射精しない相手を見て自分自身には魅力がないのだろうかと、ネガティブな気持ちになるのです。

遅漏が原因で男女の関係が険悪になることも十分あります。
遅漏には様々な原因がありますから、まずは自分が遅漏になっている原因を把握し、すぐにでも改善するようにしましょう。
自分自身で克服できるものも多いですが、場合によっては病院で医師の診察を受けなければいけないケースもあります。

遅漏の改善方法は?

遅漏を改善させる方法は一つだけではありません。
遅漏になる原因は多岐にわたるので原因に応じた対策をとる必要があります。

もしも遅漏の症状が彼女に対してしか出ずにマスターベーションでは射精できる場合は、マスターベーションが原因である可能性が高いです。
挿入時に膣内で受ける刺激と、マスターベーションで受ける刺激とでは大きく違います。
特に手によるマスターベーションをおこなう場合に男性器を絞めつけ過ぎて強い快感を与えている場合は要注意です。

負荷を強くかけるマスターベーションに慣れていると男性器がその快感に慣れてしまいます。
すると膣内の刺激では全く快感を得られないため、いつまでたっても射精できないのです。
対策としてはマスターベーションのやり方を変えることが有効です。
マスターベーションをしばらくしないのも効果があります。

また、心因性が原因の場合は自分自身だけで改善させることがなかなか難しいです。
特にセックスや性的なことに対してトラウマがある場合は実際にセックスをしてもトラウマで頭がいっぱいになり、セックスで快感を得ることが出来ません。

心因性が原因による遅漏への対策としては、病院にいき、医師からのカウンセリングを受けることが有効です。
カウンセリングによって自分自身のトラウマを告白し、医師から改善するための対策を教えてもらうようにしましょう。

病院では性的興奮を促進させるような薬を処方されることもあります。
薬を服用することによって正常にセックスが出来れば大きな自信になり、普通の人と同じようにセックスで快感を得ることが出来ます。

また、彼女の努力によっても劇的に改善されることが多いのが心因性の大きな特徴です。
正常に射精をすることが出来れば心因性の遅漏は改善されます。

関連記事